1. HOME
  2. 会社案内
  3. 代表挨拶

会社案内

COMPANY

代表挨拶

Message

石を通じて社会に貢献する

 

当社は1943年の創業より「石を通じて国や地域の社会資本整備に貢献する」を経営理念として掲げ、日本の経済成長に伴う国内建設需要の拡大とともに、砕石を中心とする骨材資源の供給を通じ成長発展を遂げてきました。長い間社会と深く関わって来られたのは、多くのお客様や地域住民の皆様の支えあってのものです。

 

今後の建設業界の取り組むべき課題として、道路等の公共土木だけでなくマンション等の民間建築の老朽化の進行による維持修繕工事の需要増加に対し、どのようにして応えていくのか。といったことが挙げられます。

当社はその課題に対し、首都圏トップクラスの骨材資源、鉱量を以って長期安定的に製品を供給することで社会を根底から支え、解決していくことこそが使命だと考えています。

 

 

しかし、私たちの清潔で豊かな生活の維持と引き換えに、自然環境への負荷や労働時間の問題が顕在化していることも事実です。抜本的に解決するのは容易ではありませんが、

  • 製品を安定供給するための「生産体制の強化」
  • 自然と調和した「秩序ある生産」
  • 生産性向上による「長時間労働の改善」

この3つの施策を中心とし、建設業界全体の課題に挑戦し続け、今まで以上に社会へ貢献するとともに、魅力のある職場づくりを目指していきます。

創業者が諭し続けた「和の精神をもって当たれ」という言葉の通り、社会や自然といっそう調和しながら使命を果たしていく所存です。今後も創業からの想いを次世代へ引き継ぎ、地域の皆様に、そして社会に必要とされる存在であり続けられるよう邁進して参ります。

 

株式会社 昭和石材工業所
代表取締役 髙瀬 順昭